「有人宇宙学 宇宙移住のための3つのコンセプト」を出版いたします。

山敷 庸亮 編

A5並製・320頁

ISBN: 9784814004942

発行年月: 2023/07中旬予定

本体: 2,900円(税込 3,190円)

申し込みは以下のURLをご覧ください。

 

 

 

2022年にアルテミス号の打ち上げが成功し、月面社会実現への期待が高まる昨今だが、現実に地球外での生活を考えた時、喫緊の課題は何だろうか。

閉鎖空間で人類を支える自然資本(バイオーム)の確保、それを宇宙に持参し維持する技術、そして宇宙での社会の在り方―3つのコア概念に基づき、研究の最先端を紹介する。

 

執筆者でもある宇宙飛行士2人からのコメント

土井隆雄氏

“地球に生まれた生命がついに宇宙に進出する時が来た!それは、地球生命の偉大な功績である。宇宙に生まれた生命の果たすべき役割は何か。それは、宇宙に生命を広げることではないのか。人類の宇宙展開には、すべての生命の期待が込められている!”

 

山崎直子氏

“宇宙に移住環境を構築するためには、あらゆる叡智を結びつける必要があり、その果敢な挑戦に挑んだのが本著である。その試みは、「宇宙船地球号」の概念をも掘り下げ、かけがえのない地球を持続可能にしていく示唆にもなるだろう。”

 

 

目次

〇Part 1 宇宙移住に向けての序論

Chapter 1 宇宙移住と3つのコア [山敷庸亮]

Chapter 2 有人宇宙学 [土井隆雄]

Chapter 3 地球の特殊性から考える宇宙移住の条件 [佐々木貴教]

Chapter 4 宇宙での居住可能性を探究する科学 [稲富裕光]

 

〇Part 2 コアバイオーム

Chapter 1 宇宙海洋と宇宙養殖 [遠藤雅人・益田玲爾・山敷庸亮]

Chapter 2 宇宙森林学 [村田功二・檀浦正子・池田武文]

Chapter 3 空気再生・水再生・廃棄物処理 [桜井誠人]

Chapter 4 宇宙空間に生態系を創造する [小林和也]

 

〇Part 3 コアテクノロジー

Chapter 1 人工重力と月面・火星での居住施設 [大野琢也]

Chapter 2 宇宙での循環システム構築 [市村周一]

Chapter 3 資源・エネルギーその場利用 [後藤琢也]

Chapter 4 宇宙食 [二川 健]

 

〇Part 4 コアソサエティ

Chapter 1 宇宙法 [青木節子]

Chapter 2 宇宙医療──宇宙滞在中に起きる我々の人体への影響を理解しよう [寺田昌弘]

Chapter 3 宇宙観光 [一般社団法人宙ツーリズム推進協議会 山崎直子,縣秀彦,秋山演亮,荒井誠]

 

 

申し込みはこちらから

京都大学学術出版会:https://www.kyoto-up.or.jp/books/9784814004942.html

Amazon:https://amzn.asia/d/fpCy7qN

紀伊國屋書店:https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784814004942

Rakutenブックス:https://books.rakuten.co.jp/rb/17510601/

dショッピング:https://dshopping.docomo.ne.jp/products/0969784814004942

TSUTAYA:https://store-tsutaya.tsite.jp/item/sell_book/9784814004942.html

言語

Publications

  1. 登録されている記事はございません。